KAJII-sanの diary

備忘録です。

古河サーガ

 

夢のち虚構へ時々の雨が欲望のすきまに沁みいる冬日


朝鶏のそのさきゆくなと鳴きしぎり浅い呼吸と足音みだれ

 

広告を非表示にする